Win Sports Vision

アジア発テニス

子供、コーチ、親

野球では右利きの選手でも足の速さを理由に作られた左バッターとなるケースが多くあると思います。

 

テニスではどうなのでしょう?

 

長男は元来右利きでしたが、左利きであるとの思い込みから字を書くのも、箸を持つのも左になりました。

またテニスもその流れからレフティーです。

 

ただ、ボールを投げたり(最近は左に矯正しました)、ボールを蹴ったりするのは右です。サッカーの利き足は右足です。

 

また次男も元来右利きです。

長男の時の反省から字を書いたり、箸を持つのはそのまま右にしました。

サッカーの利き足も右足です。

ただ、テニスは優位性を考えて意図的にレフティーとして始めました。

 

レフティーとしてテニスをする二人を見て感じるのは、

習い始めから利き腕でない方を使用すれば、ストローク、ボレーは普通にこなせること。

 

一方、時間がかかるのはサーブです。

理由はモーションよりもナチュラルに力が入らないから。

ただ、時間の経過とともに大きな問題にはならないのかもしれません。

ナダルがその証拠でしょうか。。。

 

それでは両サイド共にフォアハンドはどうでしょうか?

 

子供の忍耐力、コーチの理解次第かもしれません。

今年に入り(まだ1月3日かですが。。。)、次男8歳は利き腕である右手でのフォアにチャレンジをし始めました。

打てなくはないものの、利き腕のはずの右腕の力が左腕よりも弱く、長続きはしません。

また左サイドでのフォアへのラケットのスムーズな持ち替えにも時間がかかりそうです。

ただ、本人は楽しんでます。 

 

英国人コーチのマインドも非常に柔軟です。

トライをすることに、全くネガティブな反応はなく、前向きです。

次男が飽きないよう、また通常トレーニングが厳かにならないよう、時間を工夫しています。

右手でのフォアが結果的にダメでも、ダブル・バックハンドに活かせるとの考えもあるのかもしれません。

 

子供、コーチ、親が同じ方向を向いている試みを暫くは楽しみたいと思います。

 

ブログランキングのため↓のリンクのクリックをお願い致します。


テニスランキング

f:id:chezkatsu:20220104010824j:image