Win Sports Vision

アジア発テニス

海外ジュニアテニス事情

今年は新型コロナウィルスをテーマにしたブログを13回に渡り更新をしました。第1回目が1月末であったため、今年はコロナで終わってしまう年となりました。

香港ではコロナ第4波により12月10日からテニスコートが全面的に閉鎖してます。少なくても1月6日前の再開はないため、パブリックコートは計4回の閉鎖により約4ヶ月使用が出来ない状況となりました。香港テニス協会はアウトドアスポーツで健康にもプラス効果をもたらすテニス再開に向けて何度かSNSを通じてメッセージを発信しているものの、他スポーツとの兼ね合いからコート再開は実現されていません。

香港でのジュニアテニス大会も、日清食品香港さんがスポンサーとなっている香港テニス協会主催大会も2〜3大会の開催に留まり、またブルゲラテニスアカデミー香港主催のUTR大会も今年は1月末に行われた1大会のみの開催で終了しました(2回目の大会は中断中)。

他の海外での状況はマチマチであるものの、クロアチアもスムリクバボウル主催者の話では足元の感染拡大を受けてコートは閉鎖。一方で、ラファナダルアカデミーには若手期待のホープであるオジェアリアシム選手が訪問したり、大会が開催されたりとバブルを上手く作りながら通常のトレーニングも継続してます。ただ、スペイン全土的な感染拡大を受け来週からのラファナダルアカデミーツアーin Barcelonaの開催は微妙なようです(マジョルカ島からの遠征は中止)。

今週はオーストラリア・ゴールドコーストにあるKDV Sportから素晴らしいニュースが発表されました。スペイン、アメリカと同じ総合型のテニスアカデミープログラムが21年より開始します。宿泊施設(食事付き)、学校(通学、オンライン学校)、テニス、フィットネスがプログラムに含まれ、スコラーシップ制度もあります。プロや米国大学進学を目指す新たなオプションになるでしょう。

前回のブログで紹介しましたが、ラファナダルアカデミーのTennis+School年間プログラムでは英語力に加えてスペイン語力が学業面での成績に左右するため、先ず英語からという事を優先するのであれば成田から直行便のあるゴールドコーストは現実的な選択肢になり得ると思います。

海外テニス留学のご相談がありましたらWin Sports Vision (info.wsv@winsports.vision)までお問い合わせ下さい。

それでは来年も引き続き宜しくお願い致します。良いお年をお迎え下さい。

 

↓アイコンのワンクリックをお願い致します。


テニスランキング

 

f:id:chezkatsu:20201231163840j:image