Win Sports Vision

アジア発テニス

新型コロナウィルス⑧

日本政府が多数の人間が集まる全国的なスポーツ、文化イベントについて今後2週間の中止や延期、規模縮小を要請する中、アジアではタイが3〜4月開催予定だったATF大会、3大会の中止を決定しました。タイへの2019年旅行者数の内、中国人旅行者比率は28%でしたが、日本、韓国からの旅行者もそれなりの比率を占めている事もあり、足元で急速に日本、韓国で拡大している新型コロナウィルスの現状を考慮しての決断だと思われます。

一方で、震源地となった中国本土では地方政府による徹底的な対策が功を奏して来てます。感染リスクの低い地域を中心に経済活動の再開が本格化している他、外出を控えていた住民、旧正月休みからUターンした出稼ぎ労働者が街に出始め、日常の活気を取り戻しつつあります。

デモによる騒乱と新型コロナウィルスに苦しむ香港ですが、香港政府が景気対策の一貫として18歳以上の香港人、及び永住権保有者に対して1万香港ドル (=14万円) の支給をする事を決定しました。夏には支払われる予定です。

Win Sports Vision主催の2010年生まれを対象とした第一回アジア個人最強決定戦深セン大会 (3月) は中止を余儀なくされたましたが、ブルゲラテニスアカデミー香港校主催のUTR大会『Asia Monty Tour』Week 8、及びWeek 9は4月に計画通り開催を予定してます。一部ローカル・コーチの噂では、来週からパブリック・コートの使用が再開される可能性もあるようです。

 

1日ワンクリックをお願い致します。


テニスランキング

 

f:id:chezkatsu:20200228185352j:image