Win Sports Vision

アジア発テニス

コート・大会スタート

コロナ感染状況に落ち着きが見られ始めた事から香港では2ヶ月振りに2月上旬よりテニスコートの使用が再開しました。そしてジュニアテニスで最も大きな大会であるNissin Junior Nationalsが予定よりも約1ヶ月遅れでスタートしました。この大会は10歳、12歳、14歳、16歳、18歳の男女それぞれ5カテゴリーから構成されており、各カテゴリーの優勝者には香港代表としてのジュニアデビスカップなどへの出場権が付与されます。ただ、2ヶ月のコート閉鎖明け直後での大会である事から、波乱が起きる可能性、ありそうです。

ヨーロッパでは3月に入りテニスヨーロッパが一部の国で本格的に再開。ラファナダルアカデミーでは3月下旬から3週連続でのテニスヨーロッパ出場に向けたツアーが組まれています。またテニスヨーロッパ以外にもスペイン国内で年間10-11大会開催されるラファナダルツアーや、ITFジュニア、ローカル大会と漸く年間スケジュールにトーナメントスケジュールが組み込まれて来ました。ただ、遠征参加には学業面で定められている一定水準の成績をクリアしなければなりません。英語の授業ではあるもののスペイン語での成績も含まれている事から、日本から年間プログラム参加の場合は前もって英語力をある程度まで高め、またスペイン語もベーシックな部分は勉強するなど事前の準備が必要となります。ウィークリープログラム参加の場合は英語力がある程度あれば問題ないと思います。

 

↓のアイコンのワンクリックをお願い致します。


テニスランキング

f:id:chezkatsu:20210308181154p:image