Win Sports Vision

アジア発テニス

新型コロナウィルス12

オーストラリアテニス協会は昨年7月にオーストラリア州別ジュニア・チーム対抗戦を開催しました。会場となったのはゴールドコーストにあるKDVスポートです。当該イベントには海外からのチームも招待され、昨年は13歳以下男子に日本が、11歳以下男子&女子には香港が招かれました。

弊社Win Sports VisionとKDVとのコネを使い、今年の大会に関西からの11歳以下男女チームの参加が可能か交渉を進めておりましたが、残念ながら新型コロナウィルス感染が懸念され、今年はアジア地域チームへの招待を見送る決断をオーストラリアテニス協会がしました。

新型コロナウィルスによりアジアのジュニア選手が国際試合経験、文化交流を積める機会が着実に減って来てますが、来年以降の大会で枠を貰えるように引き続き交渉をしていきます。

今週のアジアでのジュニア大会の内、マレー半島東海岸ATF大会は結局、長男を破ったマレーシア14歳以下ナンバー1の選手が優勝しました。長男を含めた香港3選手が彼に敗れた結果となりましたが、来月ランカウイ島で開催されるATF大会でのリベンジに期待します。

一方、タイのITFジュニア男子G1では若干15歳の香港コールマン・ウォン選手が見事優勝しました。決勝では昨年末のオレンジボールで準優勝した米国人選手をフルセットの末、下しました。全仏ジュニア以降のグランドスラムでの活躍が楽しみです。

 

1日ワンクリックをお願い致します。


テニスランキング

 

<一部の香港タクシーには消毒剤が備え付けられてます>

f:id:chezkatsu:20200308220419j:image