Win Sports Vision

アジア発テニス

今週のアジアでのジュニア大会

スリランカで開催されているATF大会の2週目は、本日決勝が行われました。2週連続で同じ香港選手同士の戦いとなり、今週は前の週で準優勝だった選手が優勝し、仲良く優勝を分け合った形で着地しました。先週優勝の07年生まれの男子選手は、この二大会のポイントが加算されると一気に13歳以下ランキングで香港ナンバーワンとなります。

一方で、マレー半島東海岸のATF大会は準決勝まで進みました。香港選手では昨年の12歳以下ナショナルズを優勝したジュニアが勝ち残ってます。結果次第では上述したジュニアをランキングで上回る可能性もあります。アジアの大会で国内ランキングが変動するのは香港ならではかもしれません。

そしてバンコクで開催されているITFジュニアG1は決勝まで進みました。全豪オープンジュニアのブログで取り上げた世代最強の香港人15歳男子コールマン・ウォン選手が準々決勝で日本の三井選手を破り、本日の準決勝も勝利しました。明日決勝ですが、日本でいう中学三年生とは思えない180キロ超えのサーブ、また爆発音の伴ったフォアハンドと、将来が非常に楽しみな選手です。

 

1日ワンクリックをお願い致します。


テニスランキング

 

f:id:chezkatsu:20200306204557j:image