Win Sports Vision

アジア発テニス

新型コロナウィルス③

新型コロナウィルスに対する対応が進んでます。現在、香港と深センを繋ぐイミグレは4ヶ所ありますが、その内3ヶ所を2/4の本日から閉鎖しました。また世界最大のカジノ都市マカオでもカジノ従業員へのウィルス感染が確認され半月のカジノ営業停止を政府が要請し始めました。一方で他のアジア・オセアニアではシンガポールとオーストラリア、フィリピンで中国本土からの観光客の入国が禁止となりました。

香港テニス業界では先週から政府管理の公共コートが全面閉鎖となりました。それに伴い深刻な影響を受け始めているのが公共コートを活用しているプライベートコーチやテニス・スクールです。

友人コーチによると仕事場を急に失ったプライベートコーチは先の見えない状況にかなりの悲壮感を感じている様です。また、何度かブログで取り上げた全豪オープンジュニア男子に出場したColeman WONG選手の所属するModern Tennis Acdemyも公共コートがメインのトレーニング場です。

ただ、アジアから同じアジアの日本を見ていると政府の対応が明らかに遅く、日本も他人事では済まないかもしれません。。。

 

1日ワンクリックをお願い致します。


テニスランキング

 

マスクを買うため香港のマツキヨ『Bonjour』には長蛇の列が出来てました。

f:id:chezkatsu:20200204171723j:image