Win Sports Vision

アジア発テニス

試合経験

経験値を大きく高めるには、普段と違った環境に遠征に行くこと大切である。

 

先週末、長男がKids-Tennis福岡大会に参加した。

香港テニス協会コーチ同伴の下、息子を含めて10人の子供が、10歳以下、8歳以下の男子に参加。

言葉の通じない慣れない環境の中、皆が奮闘し、結果は其々のカテゴリーで優勝を果たした。

自分自身は今回行かなかったため、何故香港からの子供がこれだけ健闘出来たのか見れなかったが、 どうやら技術面よりも展開力が差を分けた様だ。

 

香港のこの世代 (07-08年生まれ) は、丁度香港テニス協会が力を入れ始めた世代で、 昨年9月からJunior Elite Development Programmeが開始。

香港サイド、九龍サイドの其々で最大男女16名の選抜グループが作られ、週3回x3時間の最低週9時間のプログラムが組まれた。

 

発足当初のレベルは非常にマチマチであったが、1年目が終了した今年8月には当初あまり上手くボールをコントロールして打てなかった子供もそれなりのレベルまで上達した。

16人の子供に対してコート数が3-4面のため、1コート当たり4-5名という環境が、 コートを広く使うための展開力を高めた可能性は否定出来ないと思う。

 

<a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01C5FVPKG/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B01C5FVPKG&linkCode=as2&tag=chezkatsu-22&linkId=5e5f9c0e560464713822252f7bcdb420"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B01C5FVPKG&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=chezkatsu-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=chezkatsu-22&l=am2&o=9&a=B01C5FVPKG" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

 

子供達にとって、結果以上に今回重要だったのは試合数・試合経験。 有難いことに10歳以下男子には44名のエントリーがあったため、息子は合計8試合の真剣勝負が経験出来た。

その経験が生きたのだろう。昨日のNTSでの練習試合では、福岡に行く前よりも明らかにバラエティーに富んだ展開をしていた。

戦略を自分なりに考えてのテニスをした印象であった。 (ただ、ファースト・セットにあまりにも色々な事をやろうとし過ぎたため、コーチにセカンド・セットはもっとアグレッシブにやれと言われていたが。。。)

 

今回の遠征は香港人コーチが引率をしたものの、メンバーで唯一の日本語スピーカーが長男のみであったため、ホテル、レストラン、大会会場では英語⇔日本語の通訳をした様だ。

長いスパンで人生を考えた場合、試合経験以上の価値がこちらにあるのだろう。 次回の遠征は12月の中国成都の予定。 今度は中国語の世界にポツンと一人だけ日本人が入るので、これはこれで良い経験になると思う。