Win Sports Vision

アジア発テニス

香港テニス協会

やはり協会的には例外は作りたくないのでしょうか。

 

ナショナル・チーム・プログラムに入れる最低年齢は10歳になる子供 (今年で言うと2007年生まれ) であるものの、本気で国を挙げて (香港は正確に言うと中国の一部であるが) 強くなりたいならば例外は常に必要だと思う。

2007年生まれの子供のレベルが相対的に高くはないため、今年の入っての10歳以下男子の4大会では、2008年、2009年生まれの子供が優勝していうる状況。

にも拘わらず、9月から始まる新シーズンに、優勝している08年、09年の子供のナショナル・プログラム参加に待ったがかかった状態が8月のこのタイミングまで続いている。

海外の協会とも提携を結び始めて、育成強化を謳い始めて中、実力重視になっていない現状はとても残念としか言えない。

 

<a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01C5FVPKG/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B01C5FVPKG&linkCode=as2&tag=chezkatsu-22&linkId=5e5f9c0e560464713822252f7bcdb420"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B01C5FVPKG&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=chezkatsu-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=chezkatsu-22&l=am2&o=9&a=B01C5FVPKG" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

 

因みに、香港のデビスカップ代表 (ジュニアも含む) になるには、香港パスポートを持っていなくても、香港での永住権があれば問題はなく、現在の協会のヘッド・コーチはイギリス人であるものの、香港代表としてデビスカップで戦った経験がある。

 

ただ、低年齢だと話はもっと複雑なのかもしれない。今年に入っての10歳以下大会の優勝者は、08年生まれはオランダ人と日本人。

将来的にデビスカップで代表としてプレイ出来る資格があっても、例外を作ってまでナショナル・プログラムに入れないのは、若しかするとピュアな香港人ではないことがネックになっているのかもしれない。

じゃあ、09年生まれの香港人は?っていう疑問はあるが、2年の飛び級香港人であっても更に認める事が出来ないのかもしれない。

協会内で目に見えないポリティックスがあるのでしょうか。いやこの問題はグローバルで見ても同じなのかもしれないですね。